生徒の出席率を上げた驚きの方法

ビジネス事例クイズ

生徒の出席率を上げた驚きの方法 水平思考クイズ ビジネス編 

問題  「生徒の出席率を上げた驚きの方法」

生徒の出席率を上げた驚きの方法

 

制作者

リキ
楽しんでください!

 

格差社会が広がり、生徒の出席率が下がっているアメリカ(ケンタッキーやミズーリ、ニュージャージー、コロラドなど)では、驚きの方法を使って出席率を最大90%まで上げた

いったいどんな方法?

 

ビジネス編も通常の水平思考クイズ同様に進行していきます

①出題者は先に答えをチェック!

②参加者は「はい」か「いいえ」で答えられる質問のみOK!

③出題者は質問に対して「はい」「いいえ」「関係ありません」で答えてください

④参加者は質問しながら答えを目指しましょう!

※当サイトの画像はイメージであり、問題には一切関係ありません。

 

ヒント・質問例

ヒント・質問例

 

解答者
欠席している理由は関係ありますか?
はい
出題者
解答者
日本でも成立しますか?
はい(やろうと思えばできます)
出題者
解答者
学費など金銭面は関係ありますか?
いいえ
出題者
解答者
成績が関係ありますか?
いいえ
出題者
解答者
インターネットは関係ありますか?
いいえ
出題者
解答者
学校に何かを設置しましたか?
はい
出題者
解答者
それは教育に関わるものですか?
いいえ
出題者

 

ヒント①

 

生徒が欠席している理由の1つは格差社会であるが故の「いじめ」

 

ヒント②

 

学校に何かを設置しました

日本では寮とかにはあるかな?

 

ヒント③

 

ケンタッキー州のとある校長はインタビューでこのように答えています

 

「汚れた服で登校して笑われるか。それとも、家に引きこもるか。生徒がどちらかを選ぶとなると、やはり後者になる」

引用:GLOBE+

 

汚れた服をどうすれば・・・

 

答え

答え

 

家事が理由での欠席、汚れた衣類が原因のいじめなどを減らすために、学校に洗濯機を設置しました。

 

解説

 

米家電メーカー「ワールプール」と教育NPO「ティーチ・フォー・アメリカ」による助成事業から1万ドルを得て、13都市の72校に業務用の洗濯機を設置しました

 

ニュージャージー州ニューアークのウェストサイド高校では、洗濯機が校内の空気を変え、(訳注=汚れた衣服などをめぐって生じていた)いじめも少なくなったと校長のアクバル・クックは胸を張る

引用:GLOBE+

 

学校では洗濯が出来るだけでなく、寄付された靴下や体臭防止剤などももらうことができます。

 

また、授業に影響がないよう、担当のスタッフが洗濯物を管理してくれるそうです

 

参考:生徒の欠席に悩む学校、洗濯機置いたら劇的に改善した

自作クイズ募集中!
力を貸してください!

応募する

-ビジネス事例クイズ

© 2021 オリゾンの森 Powered by AFFINGER5